英語の発音を英語らしく出来るようになりたい!

子供が英語らしい発音じゃなくてちょっと気になるんです。何からしたらいいんですかね?と子供クラスのママからしばらく前に相談を受けていました。

お子さんがアルファベットを言う時に、『えー、ビー、シー、でー・・・』と発音してないですか?ママやパパも英語っぽい発音は何となく分かっても日本語と英語との発音の違いってお子さんに中々説明してあげられないのではないでしょうか?

子供が小学生になってから英語の授業が始まったけれど何だか発音が気になるなと感じておられるママ、英語が苦手なママや英語絵本を子供に読んであげたいママ、親子で英会話を楽しみたい方にとって、こんな英語育児の取り組みもあるよ!というご紹介です。

英語が苦手な講師HIROKOが受講した『発音指導法講座』について具体的にどうなったのかを知りたいというお声があったので、なぜ受講に至ったのか、何が出来るようになったかを超簡単にレポートします。

日本語ベースのバイリンガル育児をしている私は、英語になると息が続かないし、息が吸えないし出せないし·····何だかな·····喋りにくいなぁ~と、何となく感覚で気付いていた事が、はっきり『英語の発音になると息が出来ない!!!』と実感したのはつい最近の事です。

ピーキャロのレッスンでは帰国子女Mizzyが全てアメリカ英語で進めてくれるので、私がレッスンに来てくださる親子に対して英語を話すことはほとんどナイ。お片付けしてねーとか、ちょっとした会話を促す声掛けくらいで充分。逆に私が喋らない方が皆の耳障りにならなくて良いかな?と思っていたので、とにかくフレーズを覚えるのに必死で、発音を直すことまで頭は回ら無かったのが正直なところ。

でも!でも!でも!

やっぱりコレじゃアカン!

と思う出来事がありました。
英語がぺらっぺらの先生達の中、一人英語が話せない私も同じ研修を受けていて、そのレッスン中に私が『英語になると息が出にくいんですよねぇ』と言った事で英語の先生達がフォニックスをその場でサクッと教えてくれる事態になったんです。
皆が学びに来ている場で、私の為に時間をかけて下さったことがありがたかったのと同時にものすごーく申し訳なくなりました。
薄々アカンかも?と思っていた事が、この時確実にコレって絶対あかん!と思いました(笑)

そこですぐにある方に連絡をしました。ピーキャロのホームページでお馴染みの埼玉県川口市で親子教室をされている渡邊いくみ先生です。
私はママの為の発音矯正レッスンを受ければ良いのか、先生として指導法を学んだ方が良いのか、どちらを選択すべきか相談しました。

結果私は発音指導法講座を受講しました。ピーキャロは英語リトミックだから、たとえ私が英語が苦手でも英語の先生の一部だわ!と思い直したのです。

自分で言うのも何ですが·····最初と全然違う!息の使い方が分かったのでかなり変わりました!

動画お見せしたいけれど…気になる人がおられましたらお声かけ下さい。こっそりお見せします(笑)

発音改善をしたくて受講した講座なので、基礎中の基礎『音素』から1つずつ練習している所です。単語やフレーズになるとまだまだ発音しにくいし、苦手な音もありますが、確実に英語らしい音に近付いて来たな~という実感もあります。

何より、音素の練習を家の中で私がすることで子供達が一番に食いつきます。子供達も遊びながら1つずつ音を真似してくれるので、あっという間に親子で音素レッスンの時間が作れます。親としてはしめしめ~ですね(笑)

未就学児もママの真似は得意。小学生なら簡単な説明を付けてあげるだけでサクッと出来るようになると思います。ただ、4年生ぐらいからは恥ずかしさが出てくるのかサクッと真似してくれない子もいます…(ちょこっとレッスンしてみたのですが1年生は楽しみながら真似っこしてくれました!感想は、めっちゃ疲れた~でした。そうなんです、息の使い方が変わるので疲れるんです笑

自分がなぜ発音出来ていないのかを知る事で、我が子にもきちんと説明出来るようになるので、日本に居ながら子供達が知らず知らずのうちに『英語らしい音』を学ぶことが出来ます。

音素を学んでから私が1番読み方の意識が変わったのはこの絵本!


今まではフレーズのリズムを意識して読んでいましたが、発音を意識するようになって、読み切るのに数倍時間がかかるようになりました(笑)
ひとつずつ音を確かめながらゆっくり読み進めていくと、酸欠状態で結構な疲労感に襲われます。
息を吐くのがこんなにもしんどいのか、息を吸うにもこんなに力がいるんか、とか言語云々それ以前の発見がたくさんあります(笑)

日本語と英語、息を吸ったり吐いたりするところから全く違うんだよ~なんて細かい所は学校では教えてもらえないし英会話スクールでもそこまできちんと説明出来る先生は少ないと思います。
ママが少しでも英語についての知識として知っておくのは必要な時代になっているなぁ、と実感しています。

子供が赤ちゃんの時期からママが英語っているの?
英語が喋れるだけじゃアカンよね?でもどうしたらいいんかな?
英語の絵本を読んであげたいけれど発音に自信がないな…
小学生になったら発音を直すのはもう遅い?何からしたらいいんかな?
と思っておられるママに、
子供の為に何か英語教育を·····とお考えなら、ママがこの発音講座からスタートするのもオススメです。

ママが楽しく英語を学ぶ姿勢が子供達の英語力を必ず成長させてくれるから!!

注意·····
英語の発音チェックとか言ってますけど
ピーキャロは英会話スクールではありません(笑)

子育て英語リトミックでは英語がお勉強になる前に、親子でリズム遊びを通して英語本来のリズムを音楽と一緒に楽しむことがメインですが、
家庭の中で英語も日本語も当たり前にある環境作りをお手伝いしたいという思いがあるのと、英語が話せないママでも英語育児が楽しめるという事、 赤ちゃんの時から積み重ねることで子供達がより自然と英語にも日本語にも触れられるようになること、誰でもバイリンガルになれるんだ~だったらウチの子も出来る?!英語ってそんな難しくない?!じゃあちょっとやってみようかな?と軽く思ってもらえたら嬉しいです。

英語が苦手でも、読み書きが全部出来なくても、子ども達にとって一番の教材はママの姿。ママが学ぶ姿勢を子供達は楽しそうに真似してくれます。発音指導法を学んだことで我が子が英語を学ぶサポートが少しでも出来ると思うと、苦手なことでも楽しくなります♬

ちなみにこの下の写真に写っている私の口の形は『E』ではないですね、完全に日本語で『え』と言っています(笑)さあ、本当はどんな口の形でどう発音するのでしょうか?!

英語が苦手だからこそ、日本語との違いを理解して直せるようになります。
英語が得意だから日本人がなぜ発音できないのかが分かるようになります。
ピーキャロってこの二つを兼ね備えてる講師陣だから、子育て英語リトミックっていう割に最強だと思います(笑)少しずつレッスンにも還元していけるようにしますねー

英語絵本クラス Dreamy(プレママ・ママ)

Dreamyクラス 参加者のオススメ英語絵本

ちょっと難しそうにみえる本ですがこれもオススメ。特にピーキャロのレッスンに参加してくださっている方は子育てフレーズでMizzyがよく話している内容と近いことがP48,P152,P160に載っています~

 

What do you think of this post?
  • Great♡ (6)
  • Sounds good☆ (1)
  • I'll try! (1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です