英語らしい発音って知ってますか?

子育て英語リトミックPeas and Carrotsのレッスンは親子クラス、子供クラス共に帰国子女講師Mizzyがレッスンしていますので、アメリカ英語の発音でテンション高くお送りしております。

今回は英語が話せないHIROKOのお話です。

英語が苦手なママに『大丈夫よ、一緒に頑張ろ~』と背中をポン!と推すのは得意なんですが、自分が飛び込むのは苦手な私。英語での会話のスピードについて行けません。舌が回らず早々に脱落です。

でも、ピーキャロに通ってくださるママ達が勇気をだしてママ英語のレッスンに参加されると聞いて、私もずーっと悩んでいたカタカナ英語をどうにかしようと、ついに重い重いおもーい腰を上げて、発音矯正レッスンに参加することにしました。

私が受講するのは、先生のための発音指導法講座ですがママ向けの発音矯正レッスンもありますよ。

そもそもピーキャロにおいて私が英語の発音を重要視していなかったのは『英語が出来ない私が居た方がママ達は敷居が低くなって安心してレッスンに参加出来るんじゃないかな』って考えで·····(すみません、ホント‍)

日本人らしいカタカナ英語♡もそのままにしてたのですが、やっぱり少しでも綺麗に発音したい!それこそ子供達の方が発音も上手いんですが、私もそのレベルに追い付きたい!と何となく思っていて。

1番のきっかけは、英語の先生達の中に1人だけ英語の話せない私が研修に混じった時。
私は『pのフォニックスが出来ない、息が吐けない、吸えない、英語をしっかり発する事が出来ない』と出来ないことを並べ立てたんです。

その研修中の貴重な時間を使って、見兼ねた英語の先生達が私の『p』を改善しようとしてくれました。少し出来るようになって嬉しかったのと同時に私が出来ない事に先生方の学びの時間を使ってしまって、めちゃくちゃ申し訳なくなりました·····

そして、自分の出来ないことをママ達もそうだろうと思い込み·····(笑)何と失礼なことでしょうね!!!ホントすみません。

『幼稚園に来ていた英語の先生の単語の発音がちょっと思ってたのと違った』とか
『英単語の教え方がちょっと·····』とか
色々と耳にする事も増えて、私もこれから先の子供達の英語教育に不安と興味がたくさんです。

出来ないことをそのままでもいいよ~、伝わればいいのよ~と言ってしまえばそうなのですが、それでも英語が出来ない私が学ぶことで
『同じように英語の発音が出来ない人にはどうすれば良いかが理解出来る、寄り添える』
『誰でもやってみれば何とかなるのか!』
『親になっても成長出来るんだな!』
という感じで、ちょっとおこがましいですが、ピーキャロに来て下さるママ達の励みになればいいなと思います。

親子クラス Happy (未就園児親子)

子どもクラス Shiny(園児・小学生)

 

What do you think of this post?
  • Great♡ (9)
  • Sounds good☆ (1)
  • I'll try! (4)