Snailの発音はスネ夫じゃないよね?

Hello!兵庫県姫路市の未就学児親子と小学低学年が通う子育て英語リトミック教室。

バイリンガル講師のMizzyです。

6月に娘の保育園で英語参観がありました。娘の保育園は、英語や体操教室、スイミングに連れて行ってくれたりと、たくさん習い事を保育時間に連れて行ってもらえるのでとてもありがたいんです。
でも、一つだけ、、、提携している英語教室がイマイチーー!!(爆)

英語教室の名前は書きませんが、CMでもよく流れている、日本の会社が運営する大手幼児英語教室です。
指導してくれている先生はとても明るくて、子どもたちにも人気もあるとても良い方。
今回の参観は、梅雨の時期に合わせて、雨に関する単語をたくさんお勉強していました。
梅雨と言えば、カタツムリ
先生は、カタツムリカードを子どもたちに見せて、

What’s this? これは何だっけ~? 、、、思い出して~!あの、ドラえもんにでてくる、お友達の、、、」というと、子どもたちが

「スネオ!!!!!」

That’s right!!子どもたち、大うけ!!
というような声掛けをしていて、、、。

…私は一人、怖ーーい目をしていたと思います笑

発音が全然違うやん!音節、アクセントをつける位置も違う!
全く別の単語やん!怒!!
ほんと、何教えてんねん!!激おこ!

スネオとSnail 子どもの脳内には言葉は残るけれど、このような覚え方をしてしまうと、今後英語を話すときに間違いなく聞き取ってもらえないですよね。「あっ!I see a スネオ!!」と言っても、外国人には伝わりません笑

先生はスネオと教えた後、Snailと正確な発音をしていたのに、、、子どもたちはその後もスネオスネオと連呼していました、、、先生―――!もったいないよ、、、。

スネオ事件の後も、オリジナルCDを使用してレッスンを行なっていく中、英語のリズムに合ってない曲もあったり、、なんだかモヤモヤ。

せっかく子どもにも人気がある先生で、みんな積極的にレッスンに取り組んでいるのに、その点がとても残念でした(><)
せめて、スネオに似ているけど、発音は全然ちがうんだよと最後にしっかり子どもたちに伝えてほしかった

日本には、たくさんの英語教室があります。ピーキャロは英語教室ではないので、文法などのお勉強はしませんが、英語の正しい発音や英語本来のリズムが自然と身につくようなレッスンプランを立てています。

その際に最も大切にしているのが「英語にあったリズムの曲を選び、自然と体にそのリズムを身につける」レッスンであること。

なので、ピーキャロ講師からすると ”Snail” が “スネオ” と教えられるのが許せないんです!

Snail は s / n / AI / l です!AIを強く発音するんです! SU / NE / O ではありません笑

大手だから、だれもが知っている英語教室だから、、、というだけで選んでほしくないです!特に、ピーキャロレッスンに参加していただいている親子・子どもクラスの方にはそんな過ちをおかしてほしくなーい!オススメできる英語教室もあるので、ぜひレッスン後にご相談くださいね。

まだ英語を始めたばかりのお子さん、おうちでまずはママが英語の環境作りをしてあげたいと思っておられる方、英語教室に何歳から通うか迷っておられる方!ぜひ一度私たちのレッスンにお越しください!英語が苦手科目になってしまう前に、カタカナ英語になってしまう前に、自然と英語本来のリズムが身につくレッスンを提供します♡

未就学児親子 英語本来のリズムが自然と身につく♡ 月3回子育て親子英語クラス

園児・小学2年生までの月1回 子どもクラス

 

What do you think of this post?
  • Great♡ (4)
  • Sounds good☆ (0)
  • I'll try! (0)